OpenCV 画像認識 detectMultiScale を実行してプロセスが終了しない

Windows環境、Python で、OpenCV で、画像から顔検出 OpenCV: Face Detection using Haar Cascades顔認識として、以下から取得したカスケードファイル opencv/data/haarcascades at master · opencv/opencv · GitHub haarcascade_frontalface_default.xml 正…

deselect_node.jstree Event

jsTree で選択中のノードを解除する操作は、ctrl キーを押しながら 選択しているノードをマウスクリックする。このイベントを拾うイベント名は、deselect_node.jstreeよって、 選択が外れた時の処理を記述する場合は、、 $('#tree').jstree({ // 省略 }).on(…

jsTree描画オブジェクトを JSON にする

jsTree で描画するツリー構造イメージを、ノード名を JSON キー、JSON値は jsTreeデータオブジェクト のIDで、 JSON を作成する。 https://www.jstree.com/RUNボタンを押したら、とりあえず、JSON を生成してコンソールログ出力する。 HTML <html> <head> <meta charset="UTF-8"> <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1, shrink-to-fit=no"> <title>sampl</title></meta></meta></head></html>…

Blob作成、dispatchEvent イベントの伝播でダウンロード

実現させていく例として2年程前に書いた oboe2uran.hatenablog.comoboe2uran.hatenablog.com↑で書いた、jsTree 編集データJSONのダウンロードする方法です。 今回は、Python eel を使いません。初期表示の JSON もURL指定読込みでなく、JSソースと…

vue-js-modal を試す

1年以上も前に、Vue.js Bootstrap のモーダルのサンプルを書いていた。 oboe2uran.hatenablog.comoboe2uran.hatenablog.comVue.js でモーダルウィンドウで、リサイズ可や dragable 等ができないことに不満があった。GitHub - euvl/vue-js-modal: Easy to us…

デコレータを理解する為のサンプル

単純にデコレータを理解する為のサンプルで、 AOPを書く方法という観点のサンプルメソッドをラップするという点を忘れない為のサンプル def query(param1, param2=None): res = [1, 2, 3] def _wrap1(function): def _wrap2(*args, **kwargs): print('前…

HttpURLConnection で、PATCH を送る方法

java.net.HttpURLConnection は、HTTP Method PATCH を送信しようとすると、 Caused by: java.net.ProtocolException: Invalid HTTP method: PATCHとエラーになってしまう。 これは、HttpURLConnection の setRequestMethod が、 以下のHTTPメソッドしか受け…

JSON loads 実行時の parse_float

JSON loads で文字列JSON を読込む時の、浮動小数点の少数桁は以下の動きをする。 import json from decimal import Decimal jstr = '{"width": 2.01285481238632125743}' dc = json.loads(jstr) print(dc['width']) dc = json.loads(jstr, parse_float=Deci…

with文

Python の with 文のサンプルは、ネット検索するとたくさんあります。 クラスを用意、__enter__ と __exit__ で前処理、後処理を実行する方法 # -*- coding: UTF-8 -*- class Foo(): def __init__(self, msg): self.msg = msg def getMsg(self): return self…

全角文字の平仮名⇔カタカナ変換

文字コード表を使用せず、計算だけで行います。 次の文字は、変換しません。 濁点、合成用 [゙ ]→ '\u3099' 半濁点、合成用 [゚ ]→ '\u309a' 濁点 [゛] → '\u309b' 半濁点 [゛] → '\u309c' よりの合略仮名 [ゟ] → '\u309f' 中点 [・] → '\u30fb' 長音 [ー] →…

ASCIIコード文字の全角変換

半角英数字だけでなく、記号文字、!"#$%&'()*+,-./:;?@[\]^_`{|}~ を含め ASCII コード文字を対応する全角文字への変換、または逆(ASCIIコードへの変換)を 正規表現ではなく、計算で行う処理を Pytnon で書いてみました。 2通りの方法が考えられます。 ・…

string Template クラス

% による文字列のフォーマット出力を書くことが多いが、 string の Templateクラスの機能も 忘れてはならない。テンプレートは、$文字接頭辞 from string import Template t = Template('$a is $b : $c') substitute( テンプレートの対象名=値 、、、) fr…

関数かどうかの型判定

オブジェクトが関数かどうかの判定方法は2通り。・isinstance() で判定する場合は、types の FunctionType で判定 import types f = lambda x:x+1 print( isinstance(f, types.FunctionType) ) # True ・callable() で判定、(呼び出せるかという文字通りの…

dict(辞書)を正規表現で参照する

dict(辞書)の参照、dict[ 正規表現 ] で参照する 場合、dict のサブクラスで以下のようにする。 import re class rdict(dict): def __getitem__(self, key): p = re.compile(key) r = [ v for k,v in self.items() if p.search(k) ] return r if len(r) > …

XPath で dict:辞書を参照

区切り文字 '/' で表現するXPath でdict:辞書を参照するものを作りました。 jsonpath-ng · PyPI ではありません。XPath の書式で配列の何番目かの指定をするインデックス [n] を単独で区切る場合、、 /key/key/[0] と書くのが正しいのか? それとも /key/ke…

JSONDecoder を継承してJSON→任意クラスへの変換

任意クラスをネストした構造への JSON読込みオブジェクト変換は、json.load() の結果のdict:辞書を 丹念にパースすればできますが、膨大なコードを書きたくありません。 json.load() の object_hook でなんとかならないのかと悩みましたが、日付時刻型など…

JSON → Object 変換(構造が単純な場合)

JSON を読込み任意のオブジェクトにする場合、 オブジェクトが単純な構造=ネストで任意の構造のオブジェクトを持たない! という比較的単純な構造の場合に限り、 次のサンプルのように、json.load実行の object_hook を定義して渡すことで解決する。JSONか…

Python プロパティのgettter & setter

クラスのプロパティ getter / setter の定義は2通りある。 ・@property デコレータの方法 ・property関数の定義の方法 ’@’が付くのを デコレータと呼ぶ? → Java に慣れしたんだ筆者はどうしても アノテーションと呼んでしまいそうだ。 @property デコレー…

JSONデシリアライズで、datetime オブジェクトにする。

JSONシリアライズで、datetime を考慮するケースは、 JSONシリアライズで、datetime に注意する - Oboe吹きプログラマの黙示録 を書いたが、デシリアライズする場合も datetime オブジェクトに変換する場合は以下のような メソッドをフックとして実行させる…

datetime への変換

日付時刻文字列から datetime オブジェクトを求めるのに、 正規表現、 日付の正規表現 - Oboe吹きプログラマの黙示録時刻正規表現 - Oboe吹きプログラマの黙示録これらで毎回チェックしてから datetime.strptime を実行するのは面倒くさいです。 Java と違っ…

tuple から dict

問題: a = [ {'name':'A','id':1103},{'name':'B','id':1104},{'name':'C','id':1105} ] ここから {'A': 1103, 'B': 1104, 'C': 1105} を求めたいvalues() で tuple リストを求めて、 a_tuplelist = [ tuple(v.values()) for v in a ] # [('A', 1103), ('B'…

2つの tuple の結合(2)

2つの tuple の結合(1)に続けて、、、 結合元のタプルの要素数=2であるなら、 内包表示で、タプルのインデックスに注意を払えば、もっと簡単に書けるはずで、、 a = [ ('A',1103),('B',1104),('C',1105) ] b = [ ('A','red'),('C','yellow'),('D','blu…

2つの tuple の結合(1)

先日は、dict リスト の結合だったので今度は、tupleリストの結合 a = [ ('A',1103),('B',1104),('C',1105) ] b = [ ('A','red'),('C','yellow'),('D','blue') ] 先頭インデックス [0] をキーとして結合する。 それぞれキーのdict を用意する a_dict = { t[0…

2つの dict の結合

DBのように、2つの dictionary リストの結合(LEFT JOIN)をする。2つの dictionary のリスト a = [ {'name':'A','id':1103},{'name':'B','id':1104},{'name':'C','id':1105} ] b = [ {'name':'A','color':'red'},{'name':'C','color':'yellow'},{'name'…

format関数で金額桁区切りを表示する

Python の format関数で置換後の幅を指定する方法は、 {:n} と、: の後に幅 n を指定する。 print('1234567890') print('{:5}'.format('A')+"-") # 1234567890 # A - となる。数値を千の単位で、カンマを差し込む時は、 {:,} print('{:,}'.format(123456)) #…

Python 正規表現置換でリストによる置換を考える

Python で、 str = '"1": "orange", "2":"lemon", "3":"apple"' alist = [ 'A', 'B', 'C' ] このように str に対する正規表現 [a-z]+ にマッチする置換を リスト alist で順に置換したい。 期待値は、、 "1": "A", "2":"B", "3":"C" Python の正規表現・置換…

itertools の groupby

あるリストをグルーピングするのに、便利な標準ライブラリ itertools の groupbyこれを使用するには、事前に対象をグルーピングするキーでソートしてしておかなければならない。 from functools import reduce from itertools import groupby users = [ { "k…

reduce でリストの重複有無をチェックする

高階関数 functools.reduce(function, sequence, initial=None) は、 リストの存在チェック in Iterable の代用に書けますが、 わざわざ in Iterable の代わりに以下のように書くことはありません。 from functools import reduce list = ['a','b','c','d','…

JSONシリアライズで、datetime に注意する

datetime 型、date型を含むオブジェクトを JSONシリアライズしようとして、 AttributeError: 'datetime.datetime' object has no attribute '__dict__' が発生するのを回避する場合、 json.dumps メソッドの default メソッドで以下のシリアライズメソッドを…

クラスインスタンスを JSONシリアライズする

class User: def __init__(self, name, age, address): self.name = name self.age = age self.address = address class Address: def __init__(self, city, street, pin): self.city = city self.street = street self.pin = pin address = Address("Tokyo"…