Handsontable コンテキストメニューで削除の丁寧な補助は書かなくてもよい

久々に Handsontable に触れる。
3年程前、2014 年のバージョンの Handsontable のコンテキストメニューは、行削除、列削除を組み込んだ時、
最後の1行、1列は、削除できないように、以下のように disabled キーの関数コーディングをする必要があった。

$('#example').handsontable({
   data: [["Key", "Value" ],],
   minSpareRows: 1,
   colHeaders: false,
   contextMenu: { items:{
         'row_above': { name: '1行挿入' },
         'col_left':  { name: '1列挿入' },
         'remove_row': { name: '行削除' , disabled: function(){ return container.handsontable('countRows') <= 2; } },
         'remove_col': { name: '列削除' , disabled: function(){ return container.handsontable('countCols') <= 1; } },
         "hsep": "---------",
         'undo': { name: '戻る' },
      }
   },
});

この記述のまま、バージョンがこの時に比べてかなり新しい、最近のHandsontable を使用すると
コンテキストメニューを開いた時に、

Uncaught ReferenceError: container is not defined

で、コンテキストメニューがきちんと描画されない。
もう、この disabled: function(){ ... } は書かなくても 最後の1行、1列は、削除できないようになっている。

だから、以下の記述で良い。

$('#example').handsontable({
   data: [["Key", "Value" ],],
   minSpareRows: 1,
   colHeaders: false,
   contextMenu: { items:{
         'row_above': { name: '1行挿入' },
         'col_left':  { name: '1列挿入' },
         'remove_row': { name: '行削除'  },
         'remove_col': { name: '列削除'  },
         "hsep": "---------",
         'undo': { name: '戻る' },
      }
   },
});